tft

SHOHEI Ishikawa

ファションデザイナー:石川翔平

1993年熊本県生まれ。
14歳の時にみた映画、『さらば青春の光』を観てモッズファッションに衝撃を受け、ファッションの道を志し、18歳で「東京モード学園」へ入学する。
現在、タレント、アーティストへの衣装提供、スタイリングをこなす傍ら、独自のアプローチで服という概念の再構築を模索している。

「服の原点に戻り、服の固定概念を捨て、布だけではなく、様々なものを使い独自の感性で新しいもの」

「イギリスファッションと民族衣装をベースに、再構築したまったく新しいもの」
わがままなんですけど、この2つを展開したいですね。」

石川に服飾論を問うと、返ってきた言葉である。23歳ならではの粗削りな雰囲気はありながらも、どこか「こいつは何かやらかすぞ」、そんな期待感を持たせる男である。

石川と『THE FACTORY TOKYO』との出会いは、RYUがきっかけだという。

「熊本から上京し、ほどなくして住んだシェアハウス『THE SHARE』でRYUさんと出会って。洋服バカなだけだった僕にとって、新しい経験の連続で、そりゃ勉強になりましたね」

「『THE FACTORY TOKYO』のハロウィンパーティーで、みんなの衣装を担当したのは楽しかった。この経験で、よりこの場所への帰属意識が持てた気がするんです」

石川に西麻布の印象を聞くと

「業界人の隠れ家、秘密の場所があるイメージ。でも思った以上に、キラキラしたゴージャスな場所ってないですよね」

目下の夢は、この場所をキャンバスに見立てたヌードのアート展だ。常識よりも革新、新しい感性が、この『THE FACTORY TOKYO』を刺激的な空間に昇華させる。

大藏基誠

久保田祐司

artefact

石川翔平

RYU

明瀬雅志

arisak

BUDDHA.INC

GENDAI

KAIRI

KATHMI

OLI